研究テーマ
構造部材の定量的非破壊評価

・金属材料を対象とした超音波探傷のモデリング
・リニア・マトリクスアレイ探触子を用いたアコースティックイメージング
・時間領域SAFT(全波形サンプリング方式による超音波・電磁波映像化)
・周波数領域SAFT(逆散乱イメージング法)
・非線形超音波法による閉じたき裂の評価とシミュレーション
・BEM,FEM,EFITを用いた弾性波伝搬シミュレーション
・スレッド並列・グリッド並列を用いた大規模計算による波動伝搬解析
・異材溶接部を伝搬する超音波のイメージベース解析
・コンクリート中を伝搬する弾性波・電磁波のイメージベース解析




構造物のメインテナンスに関する研究
・MEMSセンサを活用した橋梁のヘルスモニタリング

1.研究紹介を更新(2010年4月6日)しました! こちらをどうぞ!



2.コンクリート中の弾性波・電磁波伝搬シミュレーション
(2012年7月)が,可視化ソフトウエアAVSの販売元であるサイバネットシステムさんのHPで紹介されました! こちらもどうぞ!






3.ドイツでの研究報告です.
2008年4月から2009年3月まで,Fraunhofer Institute, IZFP-Dで共同研究を行ってきました.(フラウンホーファー研究所,非破壊検査部門,ドレスデン支所))